目次

雨(あめ)とは、空から水滴が落ちてくる天候のこと。また、その水滴。

雨の成因

雨は、気象学的には、地球上で水が循環する過程(水循環)で起こる降水現象の一つと位置づけられる。 雨の大半は、上空の気温により以下の二つに大別できる。ただし、これらとは異なる機構で発生する雨もある。 冷たい雨: 日本の降雨の8割はこの「冷たい雨」の機構で起こるといわれている。 上空が0度以下になると氷晶ができる。過冷却の水滴は蒸発して氷晶の表面に昇華するため急速に成長する。 氷晶が落下する途中で、気温が摂氏0℃より高い領域に達すると氷晶は融け始め、完全に融けると液体となり、雨粒となる。融けきれない場合は雪となる。地上の気温が摂氏0℃以上の場合、上空1500mで-6℃以上、または上空-5500mで-30℃以上で冷たい雨(または霙)である。 暖かい雨: こちらは氷点以上の温度の場合の現象である。湿潤な空気が上昇すると、断熱膨張により冷却が起こり、凝結高度に達すると過飽和の状態になる。この際、大気中のエアロゾルを凝結核として雲粒が成長する。この成長はゆっくりしたものであるが、雲粒同士の併合過程により、一部の雲粒が急速に成長して重力に耐えきれなくなるほど大きくなる。この併合過程は、海洋性の積雲の場合に急速に成長する条件がそろっている。

出会い 無料のレンタルサーバー sutpin.com