雨の強さや降り方による表現

霧雨 - 霧のように細かい雨。雨粒の大きさが0.5mm未満の雨(気象庁の定義)。 小糠雨(糠雨) - 糠のように非常に細かい雨粒が、音を立てずに静かに降るさま。 地雨 - あまり強くない雨が広範囲に一様に降るさま。 細雨 - あまり強くない雨がしとしとと降り続くさま。 小雨 - 弱い雨。あまり粒の大きくない雨が、それほど長くない時間降って止む雨。 微雨 - 急に降り出すが、あまり強くなくすぐに止み、濡れてもすぐ乾く程度の雨。 時雨 - あまり強くないが降ったり止んだりする雨。秋から冬にかけてよく見られる。 にわか雨 - 降りだしてすぐに止む雨。降ったり止んだり、強さの変化が激しい雨。 村雨 - 降りだしてすぐに止む雨。群雨、業雨などとも書く。 驟雨 - 降りだしてすぐに止む雨。降ったり止んだり、強さの変化が激しい雨。 慈雨 - 恵みの雨。少雨や干ばつのときに大地を潤す待望の雨。 涙雨 - 涙のようにほんの少しだけ降る雨。また、悲しいときやうれしいときなど、感情の変化を映した雨。 天気雨 - 晴れているにもかかわらず降る雨。 通り雨 - 雨雲がすぐ通り過ぎてしまい、降りだしてすぐに止む雨。 スコール - 短時間に猛烈な雨が降るさま。熱帯地方で雨を伴ってやってくる突然の強風に由来する。 大雨 - 大量に降る雨(一般的な認識)。大雨注意報基準以上の雨(気象庁の定義)。 豪雨 - 大量に降る激しい雨(一般的な認識)。著しい災害が発生した顕著な大雨現象(気象庁の定義)。 雷雨 - 雷を伴った雨。普通は短時間に激しく雨が降る場合が多い。 風雨 - 風を伴った雨。 長雨 - 数日以上降り続くような、まとまった雨。

驟雨

驟雨(しゅうう)は、短時間で降り止んでしまう雨、もしくは降水強度の変化が激しい雨のこと。にわか雨とほぼ同義である。気象庁では、対流性の雲から降る雨を驟雨と定義している。 驟雨は積乱雲から降ることが多い。積乱雲は水平方向への広がりが小さいため、一つの積乱雲の通過の際に降る雨は数十分程度で降り止んでしまう。複数の積乱雲が連続して通過すると、降り出してはすぐに降り止むことが繰り返され、強度変化の激しい雨として観測される。 なお、雪の場合は「驟雪」と呼ばれ、にわか雪とほぼ同義である。

時雨

時雨(しぐれ)とは、主に秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったり止んだりする雨や雪のこと。北西季節風下、日本海上で発生した対流雲が次々と日本海沿岸に達すると時雨があり、雲が去るとまた晴れる。日本海沿岸を始め、日本海岸気候と太平洋側気候の境界域、たとえば京都盆地、長野県、岐阜県、福島県などでは風とともに時雨がやってくる。 関東では、季節問わず時雨のような一時的な雨のことを通り雨と呼ぶことがある。また時雨が低温のときに変わる雪や風花を雪時雨と呼ぶ地方がある。 冬の季語にもなっている。

地雨

時雨(じあめ)とは、同じ程の強さで長い間降り続ける雨のこと。 気象庁では地域的に見ても降り方に偏りのなく、雨量の強度が一定である雨を指す。また、層雲系の雲(層雲、層積雲、高層雲)から降ることの多い雨とされる。 地形の影響でできたり、急速に沸いてくるような雲よりも、温暖前線に伴ってできるような広い雲のほうが地雨が降りやすい。また、梅雨に降る雨は地雨であることが多い。 ただし、この語は一般的でないという見方から予報や解説ではこの語を使わないようにしている。 これに対して、強さの変化がある雨のことをにわか雨や驟雨、通り雨などと言う。

霧雨

霧雨(きりさめ)は雨の降り方の一種。霧のような細かい雨の事。文学など、色々なシチュエーションで使われている。気象学上では、雨滴の直径が0.5mm以下の雨と定義されている。一部の地方では、「きりあめ」とも呼ばれる。 層雲は別名霧雲といい、雲の粒子が細かいため、雨を降らせるときは粒が細かい霧雨となることが多い。積乱雲や積雲の場合は、霧雨が降ることは少ない。

人妻 無料のレンタルサーバー sutpin.com